NEWS NEWS

スポンサードリンク

老後資金であてになるのは貯蓄と年金だけ

確実に老後にお金を残すには、2つの方法しかありません。


それは貯蓄と個人年金です。


貯蓄も社会情勢においては、お金の価値が変わるため、実質は常に同じではありませんが、


ここでは変化なしという事します。


個人年金の方は、公的年金と民間の保険会社で加入する個人年金保険があります。


今、問題になっているのは、税金として納めている公的年金です。


はっきりいってあまりあてにならないのは確実です。


理由は少子化。


高齢化が進み、将来的には若者ひとりが老人を2人、3人と抱える計算になります。


老後不安は、医療、介護、生活費と大きくなるばかりです。


だからこそ、元気なうちに積み立てておきたいのが老後資金ですが、


少ない所得、増える支出でどうにもならないという人が多いのが現実です。


国が当てにならない以上、自分で自分と家族を守るのが必須の時代です。


個人年金がいかに必要かわかってもらえたでしょうか。


 


老後に必要な年金額はこれくらいです!