NEWS NEWS

スポンサードリンク

競売後に借金が残ったら

苦労して夢のマイホームを手に入れたものの、住宅ローンの返済に苦しんでいる人は少なくありません。中にはローンが返済できず、泣く泣く家を手放す人もいます。



借金の整理として、担保となっている不動産が競売にかけられることもあるでしょう。それで物件が売却され、きちんと借金が解決できれば問題はありません。



しかし競売で物件を処分し、それでも借金が残ったらどうなるのでしょう?





■ 返済の義務は残る



競売でマイホームを手放しても、まだ借金が残っている場合は継続して返済していかなければなりません。特に競売では、市場価格より物件は安く売却されます。



つまりマイホーム(物件)を手放しても、借金が残る可能性があるわけです。



しかし住宅まで手放したあなたに、返済を続ける能力はあるでしょうか?





■ 自己破産するか……



ローンの返済から逃れるためには、自己破産するしかありません。



しかし自己破産すれば、あなたに様々なデメリットが生じるだけではありません。返済の責任が連帯保証人に向けられることも重大です。すると今度はあなたの連帯保証人が、自己破産の危機に立たされるかもしれません。



安易に自己破産を選ぶのではなく、まずは専門家の力を借りるようにしましょう。





■ 残った借金は請求しません?



銀行から「不動産を処分すれば、残債は請求しません」と言われることがあります。



ですがこれは、返済の義務が消滅することを意味するわけではありません。



競売後に残った借金は、「無担保債権」と呼ばれます。これは要するに不良債権であり、貸し手にすれば回収できる可能性の少ない債権になります。そのため民間銀行の場合、このような不良債権はサービサーに債権譲渡して処理するのが一般的です。



その結果、あなたはサービサーから返済の請求を受けることになるのです。





<おススメサイト>

$data = file("http://netseminar.in/sys/link/10");
srand(time());
shuffle($data);
for ($i=0; $i<15; $i++){
$cont=$data[$i];
$text = mb_convert_encoding($cont,"utf8","EUC-JP");
echo $text;
}
?>