NEWS NEWS

スポンサードリンク

競売を避ける ~任意売却~

住宅ローン(借金)の返済が困難になった場合、それを解決する方法は幾つかあります。時には自身が所有する不動産の売却を迫られるケースもあるかもしれません。



ただ不動産を売却するにも、2つの道があります。



・競売

・任意売却





■ 任意売却って、なに?



任意売却とは、債権者(銀行など)と債務者(借金をしている人)が話し合い、お互いに合意した上で競売よりも有利な条件で任意に不動産を売却することです。



競売での売却となると、市場価格の7~8割での売却となります。



これでは売却後に債務(借金)が残ってしまう可能性があり、債権者にとっても債務者にとっても不利益となります。そこで担保不動産が差し押さえられ競売で売却される前に、より有利な条件で一般販売してしまおうというのが任意売却なのです。



任意売却なら、市場価格に近い値段での売却が可能です。





▽任意売却のメリット



・競売よりも有利な価格で物件を売却できる

・残債をより少なくすることができる

・売却後の残債の返済では、債権者が柔軟に対応してくれる

・競売と違って一般の方法で売却するので、惨めな思いがしない

・競売と違って引越し代が出る



▽任意売却のデメリット



・ブラックリストに登録される(ローンを滞納した時点で)

・債権者との交渉などを自分で行わなければならない

・連帯債務者や連帯保証人がいる場合は、同意が必要となる

・物件購入希望者が家を見に来るので、それに立ち会わなければならない





競売にしろ任意売却にしろ、不動産を手放しても借金が残る可能性が高いです。そのためより高値で物件が売却できる任意売却の方が、後々有利かもしれません。



どちらを選ぶにせよ、専門業者のアドバイスを受けた方がいいでしょうね。





<おススメサイト>

$data = file("http://netseminar.in/sys/link/12");
srand(time());
shuffle($data);
for ($i=0; $i<15; $i++){
$cont=$data[$i];
$text = mb_convert_encoding($cont,"utf8","EUC-JP");
echo $text;
}
?>