NEWS NEWS

スポンサードリンク

競売のデメリット

自宅を競売にかけられると、様々なデメリットが生じます。借金の解決で競売という選択をする前に、競売にはどんなデメリットがあるか知っておきましょう。



競売のデメリットとしては、以下のようなものがあります。





■ 売却価格が安い



競売物件の価格は、裁判所の依頼を受けた不動産鑑定士が決定します。通常この価格は、市場価格の5~7割と低く設定されています。そのため市場価格よりも2~3割安く売却されることになり、物件売却後も債務が残る可能性があります。





■ 支払いの義務



競売で物件を売却した後にまだ債務(借金)が残った場合、これを返済する義務があります。しかし競売で住宅まで失ったあなたに、返済能力はあるでしょうか? 最終的には自己破産という選択肢を選ぶことになるかもしれません。





■ 連帯保証人を巻き込む



競売で売却された後も借金が残った場合、あなたには返済能力がないので連帯保証人に責任が向けられます。最悪の場合、連帯保証人の不動産が競売にかけられることも……





■ 近隣に知られる



自宅を競売にかけられると、新聞の掲載やチラシ、業者の訪問などから近所に知られることになります。それを隠し通すことは、まず不可能と考えてください。





■ 引越し代がなくても立ち退く



落札者と交渉することで、引越し代をもらうことが可能です。しかし落札者が立ち退きを迫った場合、あなたに引越し代がなくても家を出なければなりません。





■ 債権者とのトラブル



競売で売却した後にも借金が残ると、債権者(あなたにお金を貸している人)と支払いの件でトラブルになる可能性があります。





■ 不安要素が多い



裁判所の執行官がやって来て家の写真を撮ったり、いつ落札されるか分からないといった不安の中で生活することになります。また近所にも知られることになるので、子供が学校でイジメに遭うという可能性も出てきます。





競売物件は、買い手にとって有利なものです。そのため競売で借金を解決するというのは、デメリットの方が多いかもしれません。自分の不動産を少しでも高く売りたいのなら、競売ではなく任意売却という方法もあります。





<おススメサイト>

$data = file("http://netseminar.in/sys/link/8");
srand(time());
shuffle($data);
for ($i=0; $i<15; $i++){
$cont=$data[$i];
$text = mb_convert_encoding($cont,"utf8","EUC-JP");
echo $text;
}
?>