NEWS NEWS

スポンサードリンク

競売とは


ローンにしろキャッシングにしろ、お金を借りれば利子をつけて返済しなければなりません。しかし何らかの事情で、借入金の返済ができなくなることもあります。



このような場合に債権者に弁済する制度として、競売があります。





■ 競売って、なに?



競売とは、借入金の返済ができなくなった債務者が、担保としていた不動産(土地や建物)を裁判所の手で売却するシステムのことを言います。



一般に「きょうばい」と言われもしますが、法律用語では「けいばい」です。



競売ではまず債権者が裁判所に申し立てを行い、裁判所が担保となっていた不動産を売却します。この不動産を競売物件と言い、通常は期間入札で競売は行われます。





■ 競売物件の価格について



競売物件は、裁判所が決めた最低価格以上で最高値の入札をした人のものになります。競売物件の最低価格を決めるのは、裁判所の依頼を受けた不動産鑑定士です。



通常この最低価格は、市場価格の5~7割と低く設定されています。





■ 債務者(借金を抱える人)にとっての競売



競売物件の価格が市場価格より低く設定されるということは、不動産を手放す側にとっては大きなデメリットです。また競売によって不動産を売却しても、まだ借金が残る場合があります。となると、家を失った後も返済を続けなければなりません。



一方で、メリットも存在します。



競売では落札まで数年かかることもあるので、その場合はその家で住み続けることができます。また必要な手続き等は裁判所側が全て行ってくれるので、自分では何もしなくてもいいというメリットもあります。





▽競売に関する誤解



自宅を競売にかけられると、赤紙を貼られて強制的に追い出されると考えている人もいるようですが、そんなことはありません。大勢の人がいきなり押しかけてきて家を追われるといったことはありませんので、安心してください。